地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」

おでかけスポット情報~☆

備前福岡の大市に行ってきました。

年に2回の『備前福岡の大市』は大盛況♪

今回の備前福岡の大市も大盛況でした♪

イベント情報を見ながら毎月楽しみにしている『備前福岡の
備前福岡の市には年に2回特別な『備前福岡の大市です。
大市では、
約60店舗、いつもの2倍の出店者様が参加されています。
遠くは東京からの店舗様、また街並みをしっかりと見てもらおうと特別な企画も満載です。
到着したのは10時頃でしたが、すでにたくさんの人でにぎわっています。
まいぷれスタッフも大きめのかごを持参し、ゆったりと買い物をしながら楽しんできました。


『一文字うどん』さん<br>市にしか出てこない新メニュー「さっぱりサラダうどん」絶対食べなきゃ♪<br>
『一文字うどん』さん
市にしか出てこない新メニュー「さっぱりサラダうどん」絶対食べなきゃ♪
この賑わい<br>
この賑わい
備前福岡の市の主催者はまいぷれでもお世話になっている『一文字』さん♪

瀬戸内市長船町福岡は「中世福岡の市」で有名なところです。「山陽道で第一級の都市」と言われていたとか!
そんな町の雰囲気を復活させるべく、
2003年10月、一文字さんの声掛けと地元の商工農業者の協力により、「福の市」がオープンされました。その後2006年3月からは、現在の毎月第4日曜「備前福岡の市」となったそうです。
そんな備前福岡の市も今回で134回目!!!すでに歴史を感じます。


こちらは毎月も出展されています。
こちらは毎月も出展されています。
長船と言えば名刀。<br>そんな刀鍛冶の方が福岡の市(大市共に)の日にはいつもの包丁を研いでもらえます。
長船と言えば名刀。
そんな刀鍛冶の方が福岡の市(大市共に)の日にはいつもの包丁を研いでもらえます。
毎月の店舗さまも、いつもよりも店舗を拡大したり、この日のために、特別な商品を準備されたり。
小麦作りから始め、瀬戸内市産にこだわり作り上げている一文字うどんさんを始め、地元産の食材を使ったお菓子やパン、また無農薬の野菜やハーブ販売。
そして備前福岡と言えば名刀、刀鍛冶の方がしてくださる包丁研ぎや備前焼の販売などなど、わくわく感いっぱいのラインナップです。
「こんにちわ~。」
「今日の野菜は今だけよ!」
など、生産者さんや作り手さんと話しながら買い物出来るところも備前福岡の市の良いところ。美味しい食べ方や保管方法も教えてもらえます。
その場で食べられる美味しいものもたくさんあります。朝ごはんをこちらで食べられる方も多いようですよ。
大市ではいつもは出会えない、スペシャルなお店がいっぱい!

東京・白金台より、アコテパティスリーさんがフランス焼き菓子をもって出店!オーナーシェフの増沢正明さんの直売でした。豪華ですね~♪
他にも地元グルメがたくさ~ん並んでいました。
お目当ての一文字さんの『鴨の燻製』(ものすごくものすごく美味しかったです。お酒にぴったり♪)から始まり、パン、お菓子、野菜、長船おこわやどどめせを買いながら、うどんやサンドイッチ、甘酒入りオレンジジュースなどなど、お腹いっぱい食べまくりです♪
「これぐらいがいいよ。他にもいっぱいあるからね。」
とお店の方が声をかけてくれます。地域の良いものを少しでもたくさん知って触れて欲しいとの心遣いに、地元愛をたくさん感じました。お言葉通り、たくさ~ん食べて買って体も心も大満足の備前福岡の大市でした!!!



イベントは人気の辻説法から初登場のベリーダンス、大人気の名刀太鼓まで♪

名刀太鼓の皆さん
名刀太鼓の皆さん
古い街並みの中、太鼓の音色が響き渡っています。
古い街並みの中、太鼓の音色が響き渡っています。
妙興寺住職さんによる辻説法、初登場Nicoベリーダンスカンパニーさんの和装ベリーダンス、また大人気名刀太鼓さんの演奏など、スペシャル企画もいっぱいでした。
名刀太鼓の時間にはたくさんの方が集まっていらっしゃいました。また、太鼓の音に惹かれて、集まって来られる方も。

他にも大市会場近くの古民家仲崎(崎はたつさき)邸では、「暮らしを彩る書展」が開催されていました。9名の書道家による力作が展示されています。古民家もとても素敵ほっと落ち着きます。
大市にいる時間、少し中世の雰囲気を味わった気がします。

今回のポスターはこちら!!!<br>毎月第4日曜8:00~11:00<br>に開設されていますので、訪れてみてください。
今回のポスターはこちら!!!
毎月第4日曜8:00~11:00
に開設されていますので、訪れてみてください。

2017/04/28