地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」

岡山市中区のおすすめランチ

CHIC CAFE(シーク・カフェ)

ミュージアムで昼食を───アートを感じる絶品ハッシュドビーフ

就実大薬学部前に「Drink & Lunch & Cake  GOLF LESSON」という看板のお店があります。カフェとゴルフのコラボ? 扉を開けると、美術書や料理書、CD、陶芸品などが置かれた棚が目に入り、壁にはいくつもの絵画も…。ボサノヴァのBGMが流れる店内は、避暑地のカフェの趣きです。

「シーク・カフェ」という名のその喫茶店は、当初、瀬戸内市出身の世界的なアーティスト山口敏郎氏のプロデュースによる“美術館カフェ”としてオープンした経緯があるそうです。いまでは藤岡久美子さん(店主)のセルフプロデュースともいうべき、美術×音楽×料理のエッセンスが絶妙に融けあった「シーク=おしゃれ」なカフェとして、アート好きな人たちの集いの場となっています。

そんなアートカフェのおすすめは手づくりの粋を集めた特製ハッシュドビーフ(梅ワイン仕込み)♪
注文して待つこと10数分。ハッシュドビーフ、サラダ&イチジクの彩り豊かなセットとご対面です。

デミグラスソースを一口味わうと、ビーフの柔らかい食感と、なんともいえない芳醇なコクが広がるなか、ほのかな酸味も感じられます。この味の秘訣は、自家製の紀州梅干しとワインで仕込み、3日間煮込んで熟成させたというスローな時間の流れにありそうです。一皿に注がれた手間と時間を思えば、その味わいはいっそう深まり、料理もまたアートのひとつだと気づかされます。

手づくりはそれだけではありません。アンズのように爽やかな風味のトマトのマリネ、庭で育てているというアカジソやミントなどのハーブ、さらに、お米までもご主人の田んぼからの収穫物だとか !?
身近にあるものを組み合わせ、新たな価値を生む──シーク・カフェの自給自足&手づくりレシピは、食のプリコラージュであり、アートの見方やライフスタイルにも貴重なヒントを与えてくれます。

今後も、原稿づくりが煮詰まったときの息抜きとかに、ときおりお世話になることになりそうですね。なにしろ編集部から歩いて5分ほどの距離にある、それこそ身近な隠れ家カフェなのでw

*ご主人がゴルフのコーチをされている CHIC HOUSE IN DOOR については、またの機会に!
~ランチメニュー~
☆特製ハッシュドビーフ(梅ワイン仕込み)       780円
☆豚肉のジリジリ焼き定食(梅ぼしあまからソース)  900円
☆揚げ鶏のネギソース定食 900円
☆から揚げ定食 850円
  etc  *ランチタイムは、コーヒー、紅茶、ジュース 200円。
2016年夏、ただいま絵画は政廣京子さんの作品が展示されています。<br>週末には、コンサートや陶芸教室などのイベントも開かれています。
2016年夏、ただいま絵画は政廣京子さんの作品が展示されています。
週末には、コンサートや陶芸教室などのイベントも開かれています。
店名 CHIC CAFE(シーク・カフェ)
住所 岡山市中区西川原 1-4-9
電話番号 086-271-7238
営業時間 11:00~21:00(ランチ 11:30~14:30)
定休日 月曜
備考 駐車場あり
キーワード カフェ
アート
ハッシュドビーフ
ゴルフレッスン

 

2016/07/28

PICK UP 岡山市中区・南区のお店 ~グルメ~