地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」

【初詣特集】神社・お寺にお参りに行こう!

玉井宮東照宮(たまいぐうとうしょうぐう)

旧社格・県社

【社殿・拝殿】
【社殿・拝殿】
岡山市中区東山の幣立山に鎮座する当社は、平安時代中期にこの地へ遷座され、玉井宮と称したと記録に残る。江戸時代初期、藩主池田光政公の命によりこの地に東照宮を勧請するにあたり徳川家康公を祭神として合祀した。
【西参道】<br>一ノ鳥居と阿吽の狛犬との先に石畳参道が延びる
【西参道】
一ノ鳥居と阿吽の狛犬との先に石畳参道が延びる
【随神門】<br>左右に神を守る者として安置される二体の随身が入る
【随神門】
左右に神を守る者として安置される二体の随身が入る
【手水舎】<br>こちらで身と心を浄める
【手水舎】
こちらで身と心を浄める
拝殿正面にはその年の干支のオブジェが祀られる
拝殿正面にはその年の干支のオブジェが祀られる
【本殿】<br>岡山県指定重要文化財に指定されている
【本殿】
岡山県指定重要文化財に指定されている
【ご利益は安産事業運上昇出世開運など】
岡山市内を一望できる幣立山に鎮座する当社は、嘉永3年(1850)高松中納言季実卿の執奏により、皇后ご安産のご祈願を行い、当時の祠官佐々木左兵衛介は上京参内しお守り札を献上したと伝えられています。その時高松中納言から「大君の御子のいのりの功績を雲井に高くきこえあげたり」という和歌が下され、ご祭神のいわれとともに安産の神様として崇敬を集めてきました。そのことから氏子地域となる岡山市中区はもとより、県内外各地から安産祈願に多くの参拝者が訪れています。主祭神は豊玉姫神(トヨタマヒメ)、初代神武天皇の祖母神として安産や縁結び・航海・漁業の守護神です。また、当社も日光をはじめ全国各地に鎮座する東照宮の一社として徳川家康公をお祀りしており、出世・天下太平の神とされています。そのことからも、ご利益は「安産」「厄除開運」「交通安全」「金運上昇」「事業運上昇」「出世開運」「商売繁盛」「家内安全」など多くに渡り、お正月には企業や商店主の参拝者も多く訪れます。
玉井宮東照宮

【住所】(〒703-8281)岡山県岡山市中区東山1-3-81
【TEL】086-272-0407
【アクセス】
・岡山電気軌道東山本線「東山」駅より徒歩約6分
・駐車場30台
【御朱印】あり