地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、岡山市中区・南区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

コミュニティ 吉原孝峰(よしはらこうほう)書道サークル

吉原孝峰(よしはらこうほう)書道サークル

所属メンバーリスト

maru

maru

  
  
  
  

全員を見る

コミュニティ共有ファイル

共有ファイルはありません

コミュニティ詳細

コミュニティ名

吉原孝峰(よしはらこうほう)書道サークル

コミュニティ
所属地域

岡山県岡山市中区・南区 

管理者

maru  さん

開設日

2016/07/20

カテゴリ

アート・文芸

メンバー数

1

参加条件

管理者の承認不要(誰でも参加可能)

説明

書は、想いを伝える表現のあり方として日本人の心に深く根ざしています。「吉原孝峰書道サークル」は、自己表現としての書道を学ぶ場として、中区・高島の一角に開いています。初心者から書家を志す方まで、吉原孝峰が心をこめて指導します。奥深い書の世界を通し、自らを表現する喜びを分かちあっていただくために。

◆書家・吉原孝峰の原点と歩み

書との出会いは幼き日に遡ります。静岡に生まれ育った6歳の頃、高名な七澤象聲先生のもとで書道を習い始めた私は、3年目には6段に達していました。異例の速さで昇段できたのは、幼い私を厳しくも優しく導いてくださった七澤先生のおかげです。

学生時代のブランクを経て、再び書の道に入ったのは25歳の頃。篆書を専門とされる石野黎峰先生のもとで学び直し、足かけ25年にわたって学びを深めてきました。

やがて書家として認められるようになると、2008年以降、国際架橋書展(主催:国際架橋書会 代表:清水苔石)を主な発表の場とするようになりました。その後、岡山に拠点を移し、高島に「吉原孝峰書道サークル」を開講したのは、2011年の頃でした。

◆「吉原孝峰書道サークル」──全国のどなたでも、いつからでも

当サークルでは、篆書・隷書・楷書・行書・草書の5書体(漢字、かな、実用書、ペン字)を教えていますが、皆さんの状況とご希望に合わせて指導します。初心者の方から書家を志す方まで、万人に門戸を開いています。対象年齢も3歳から100歳の方まで、早すぎることも遅すぎることもありません。

【会費】
3歳から中学生まで・・・1時間1000円  
高校生以上の大人 ・・・1時間1500円
*書道具代は別途必要です。
*通学が往復2時間までの方を対象とします(遠方の方には通信教育もご用意しています)。

書の本質は自己表現にほかなりません。私はクラシック音楽鑑賞を趣味にしていますが、行き詰ったときにチャイコフスキーを聴くと不思議に身が入り、自身の内面が作品に表れるものです。皆さんも書道を通し、自己表現の喜びを味わってください。

    コミュニティの掲示板トピックス

    掲示板トピックスはありません。

    まいぷれ広場のコミュニティスレッド

    コミュニティスレッドはありません。